Site Overlay

-どんぐりの取り組み-

『暮らしの手帳 冬号』でおもしろい記事がありましたので、

ご紹介します。

建築家の安藤忠雄さんが書かれていたのですが

「私は現在、「瀬戸内オリーブ基金」という活動を続けています。かつて世界でも

稀に見る素晴らしい自然の風景を誇っていた瀬戸内海は、土砂や石材の採掘、

工場排煙、産業廃棄物の投棄などにより、

あちこちで緑が失われ、はげ山となって無残な姿をさらしています。

この瀬戸内海に豊かな風景を取り戻すため、人々から基金集め、

島々や沿岸を緑化する植樹活動です。

 この活動の一環で、「どんぐり大作戦」という取り組みを行っています。

これは、小学校に協力してもらい、子どもたちに、どんぐりを拾い、発芽させ、苗木にして植樹し、

育てるところまで自分たちの力でやってもらおうというものです。

離島や沿岸部の小学校を中心に呼びかけたところ、これまでのべ40校を超える学校が

参加してくれました。中でも象徴的なのは、神戸市北区にある長尾小学校です。

この学校は2007年に新校舎を建て、元あった場所から移転したのですが、その敷地は

典型的な開発分譲地で、当初は全く緑のない状況でした。

 毎年、新しく入ってくる1年生が親といっしょにどんぐりを集め、

発芽させて学校の周りに植樹し、卒業するまでずっと、

植えた木の面倒を見ます。

もちろんこの取り組みの狙いは、「育てる」という行為を通して、その難しさや、

命の尊さを学んでもらうこと。元気に楽しみながら木々を育てる彼らの姿を見て、

今の社会に必要なものが何か、改めて確認することができたように思います。

 何もなかった学校の敷地は、今ではこんもりとした緑で覆われています。

きっと子どもたちが卒業するころには、立派な森に成長しているでしょう。自分たちで育てた森は、

彼らにとっても、生涯心のよりどころになるのではないでしょうか。」(一部抜粋)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私が小学生のころ、校庭に大きなカシの木が一本あって、

それはかなりの老木でよわっていたので樹木医さんが一時期

見に来てくれて処置をしてくれていました。

そのときに樹木医という職業を知り今でもずっと覚えています。

こどもの頃の出来事は強烈に頭に残っていくものなんですね。

マラソンの後に木陰に入るととても涼しく、冷えた汗がひんやりとした記憶。

まさにどんぐりを拾った記憶。思いがけず、こどもたちは木からいろいろと

知らないうちに感じているんですね。

高橋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

© 2021 C-PLANTS