ブログ


 何らかの思考や関心や注意を伴わない、ぼんやりと安静状態にある脳の血流量の変化を可視化するFMRⅠを用いると、何かしない時のみ活動が活発になる脳の領域が複数存在し、互いに同期する事が最新の脳科学でわかった。この状態をデフォルトモードネットワーク呼ばれ、下記のような効果が生まれるらしい。                          ・ひらめきやアイデアが生まれやすくなる   ・仕事の作業効率が上がる   ・記憶力などの能力がアップ  ・人間関係などの悩みやストレスの解消   ・今の自分が「やるべきこと」がわかる   ・人生や生活の軌道修正ができる                net情報より                              




ぼんやりと景色を眺める時間をCプランツカフェでいかがですか

ページ上部へ


comment

コメントフォーム




trackbacks

ページ上部へ

お庭・エクステリアに関することならCプランツにご相談下さい。

▲PAGE TOP

Cプランツ facebook