Site Overlay

庭で見かける困った虫

庭の土を掘り起こした際、このような虫が出てきたら

要注意です。一見、カブトムシの幼虫?と思ってしまいますが

カブトムシの幼虫はもっと大きいようです!

これは「コガネムシ」の幼虫。

幅広い植物の根を食害します。

食害されているころの

地上部の変化が少ないので発見が遅くなりやすいのですが、

成長が急に止まり、枝の先が枯れ始めたらもしかすると

この虫が土の中に潜んでいる可能性があるのです。

他にも似たような虫でヨトウムシ、ネキリムシ

(これらは成虫になると蛾類になります)

などがいます。

どれも土の中で越冬をします。

だいたい深さ10cmほどの浅い位置にいることが多いので

まずは浅めに掘り起こしてチェックをされてください。

見つかった場合は捕殺し、小さな卵もみつけたらつぶしておきます。

(補足)コガネムシ予防にはパーライトを土に混ぜると、ガラス質の結晶を

嫌って、発生しにくくなるようです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今治市・西条市のエクステリア&ガーデンのお店C.プランツ

高橋

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

© 2021 C-PLANTS