Site Overlay

小さな秋をさがして

先日寒風山に秋を見つけに車を走らせました。

BGMはクラシック。(初めてツタヤで借りました。)

あまりこのあたりでは見にしないフライフィッシャー達の場所らしいのです。 

伊予の青石と高知の石灰石の中間どころなのです。

一日ほぼ日が射さない環境ではグランドカバーは(雑草もこのように)きれいなのです。

非常に枝振りの良いシロモジ、その他にもいたるところに欲しくなるような樹が

たくさんあります。

ススキの開花もうすぐ。ここにも小さな秋発見。

蕎麦やの「ときや」さんから、車で10分、徒歩で30分あまり。もうすぐ頂上。

垂直に反り立った岩肌。光が当たれば輝く。

岩面の規則的な凸凹。自然てすばらしいな。

これは現場ではなかなか難しいですよ。

まだ青い実ですけどたくさん栗が落ちていました。もう少しすると栗拾いに来ようと

思っております。その栗をうちのピザ釜で焼くと結構甘いのです。

寒風山は14時31分晴天にも関わらず気温23.5℃です。(車計測値)

トンボも見られ、小さな秋がたくさん見つけられた一日でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

© 2021 C-PLANTS