Site Overlay

イラガについて

今日は害虫についてお知らせします!

葉っぱの裏に集団でかたまっている蛍光黄緑の毛虫を

見かけたことはありませんか?

それが、イラガです。

(上の写真とは蛾(成虫)の種類が異なると

色、模様が違ってくるかもしれませんが大体こんなかんじの

体をしています。)

これに刺されるとピリッと痛く、

特にお子さんやお年寄りのいらっしゃるご家庭では

早めの対処をされることをお勧めします。

対処方法は・・・

○冬木の枝についている繭を取り除くと、簡単に駆除できます。

(成虫になるものを極力少なくするため。)

○幼虫が発生した場合は、枝ごと切り取って処分するか、

殺虫剤で殺します。幼虫はとげに毒があるのでくれぐれも

気をつけてください。

ビニール手袋や長袖で処理してください!

 

イラガの発生時期は幼虫(毛虫)は7月~10月、

成虫(蛾)は春ごろです。

 

特にモミジ、カエデ類によくついているように思います。

葉っぱが一部だけなくなっていたり、

葉脈だけに透けていたらイラガの可能性があります。

水やりの時などに特に葉っぱを観察されてみてください。(高橋)

今治市・西条市のエクステリア&ガーデンのお店c.プランツ

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

© 2021 C-PLANTS