ブログ

宿根草のたのしみ

2009.12.23 水 13:48


上の写真よーく見ると、枯れ枝のようなものが土から出ています。

これは宿根草(写真のはギボウシ)の冬の姿です。一見枯れたように見えますが、

地下の根は生きているので春になるとまた新しく芽が出てきて、夏ごろには綺麗な花を咲かせます。

宿根草はこのサイクルが何年も続きますので、一年草(一年で種から発芽・成長・開花・結実をし、

種を残して生を終えるもの)とはまた違った楽しみ方ができると思います。顔なじみのすみれも宿根草です。

今後みなさんが、種を買うとき苗を買うときに「あっそういえば。」と選択肢を広げていただけたらうれしいです。

ちなみに、冬に根だけになるので虫害に年中悩まされることもありません。

高橋

ページ上部へ


comment

コメントフォーム




trackbacks

ページ上部へ

お庭・エクステリアに関することならCプランツにご相談下さい。

▲PAGE TOP

Cプランツ facebook