Site Overlay

釜はこうして 出来てくいく。。。

 3月に入り、メグマルシェさんの展示会までカウントダウンが始まりました。

今日はこんな工程をしました。

土を持って半球状に盛り固め、その上を砂と耐火煉瓦で覆います。

レンガが固まった後、土を抜くもとで、半球状の釜の懐が出来るのです。

 もと彫刻科の井上さんは、いつしかスイッチが入り、手際よく形をつくっていきます。

井上さんの まさに井上さんらしい姿を久しぶりに拝見いたしました。

中心に鉄筋を差し、半円状にくり抜いたコンパネを回しながら、形を整えていく井上さん。

 社長が1輪車から、土をスコップであげています。

 Q.突然ですが、ここで質問!!

直系≒1mの半球状に土を盛り固めるのに、土は1輪車で何杯いったでしょう。

A.  正解は1輪車に7杯でした!!

 井上さん 社長 ご苦労様です。

 伊野木

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

© 2021 C-PLANTS