ブログ

C.プランツ恒例行事となりました

メグマルシェさんによります冬のイベントが今日開催されました。

あいにくのお天気だったのですが、今日も

10時開店前には長い行列ができており、

たくさんの方が来てくださいました。



ありがとうございました。。。

はつらつとしたメンバーのみなさん。

本当にいつも制作に熱心に取り組まれていらっしゃることが

お話しているなかで伝わってきます。

メンバーのみなさん、ありがとうございました。。。

なかなか、いつもの事ながらよいタイミングで写真を撮ることがが出来ずに

歯がゆいのですが、少しだけ今日の様子ご覧ください。


毎回大人服も充実しています!


2時に終りのイベントでしたが、

1時過ぎにはほとんどの作品が売れてしまいました。

(開始時は手前の机にもたくさんあったのです!)

毎回、季節ごとの旬なものを作ってくださるので、

すぐに使えるというのも魅力的な点です。

いろんな人がいろんな形で

この冬一層暖かく過ごしてくれると思います。

高橋

ページ上部へ

-どんぐりの取り組み-

2010.12.04 土 18:39

『暮らしの手帳 冬号』でおもしろい記事がありましたので、

ご紹介します。

建築家の安藤忠雄さんが書かれていたのですが

「私は現在、「瀬戸内オリーブ基金」という活動を続けています。かつて世界でも

稀に見る素晴らしい自然の風景を誇っていた瀬戸内海は、土砂や石材の採掘、

工場排煙、産業廃棄物の投棄などにより、

あちこちで緑が失われ、はげ山となって無残な姿をさらしています。

この瀬戸内海に豊かな風景を取り戻すため、人々から基金集め、

島々や沿岸を緑化する植樹活動です。

 この活動の一環で、「どんぐり大作戦」という取り組みを行っています。

これは、小学校に協力してもらい、子どもたちに、どんぐりを拾い、発芽させ、苗木にして植樹し、

育てるところまで自分たちの力でやってもらおうというものです。

離島や沿岸部の小学校を中心に呼びかけたところ、これまでのべ40校を超える学校が

参加してくれました。中でも象徴的なのは、神戸市北区にある長尾小学校です。

この学校は2007年に新校舎を建て、元あった場所から移転したのですが、その敷地は

典型的な開発分譲地で、当初は全く緑のない状況でした。

 毎年、新しく入ってくる1年生が親といっしょにどんぐりを集め、

発芽させて学校の周りに植樹し、卒業するまでずっと、

植えた木の面倒を見ます。

もちろんこの取り組みの狙いは、「育てる」という行為を通して、その難しさや、

命の尊さを学んでもらうこと。元気に楽しみながら木々を育てる彼らの姿を見て、

今の社会に必要なものが何か、改めて確認することができたように思います。

 何もなかった学校の敷地は、今ではこんもりとした緑で覆われています。

きっと子どもたちが卒業するころには、立派な森に成長しているでしょう。自分たちで育てた森は、

彼らにとっても、生涯心のよりどころになるのではないでしょうか。」(一部抜粋)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私が小学生のころ、校庭に大きなカシの木が一本あって、

それはかなりの老木でよわっていたので樹木医さんが一時期

見に来てくれて処置をしてくれていました。

そのときに樹木医という職業を知り今でもずっと覚えています。

こどもの頃の出来事は強烈に頭に残っていくものなんですね。

マラソンの後に木陰に入るととても涼しく、冷えた汗がひんやりとした記憶。

まさにどんぐりを拾った記憶。思いがけず、こどもたちは木からいろいろと

知らないうちに感じているんですね。

高橋

ページ上部へ

メタセコイヤの並木道

2010.11.28 日 18:57


 ~お客様より素敵な写真が届きました~

上の写真オレンジに色付いた木はメタセコイヤです。

久万高原町の「青銅美術館」へ続く道、

この景色を楽しめるそうです。

きれいですね。

四国にもまだ行ったことがない素敵な場所はたくさんありますね。

私が知っていてお勧めの場所は高知の「牧野植物園」です。

たくさんの種類の植物を見ることが出来、

最近完成したという温室も見ごたえがあります。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もっとこんなところを知っているよ。

ここが、お勧め!などなどありましたらぜひスタッフに教えてくださいね。

高橋

ページ上部へ

施工例「エクステリア」に2件追加されました!

高橋

ページ上部へ

球根の楽しみ

2010.11.17 水 20:47


今年水仙の球根を初めて買って、

事務所の庭に植えたのですが、それからすっかりわすれていたのが、

最近、しっかりとした芽がでてきたので球根の存在を思い出しました。

土を割って出てくる芽を日々観察するのはとても楽しく、苗から育てる植物や

種から育てる植物とは何か一線異なるもの魅力がある気がします。

朝の掃除のときに、最近これに元気をもらっています。

高橋

ページ上部へ

お庭・エクステリアに関することならCプランツにご相談下さい。

▲PAGE TOP

Cプランツ facebook