ブログ

本日の工事:S様邸

2010.02.08 月 18:55


本日S様邸の最終仕上げの工事に入らせていただきました。


これから、お家と同様にもうひとつの生活の場として楽しくお庭を使って頂けたらと思います。

—————————————————————————————–

今後も皆様に工事中の写真やお客様とのプラン作成までの過程など

HPでお伝えできたらと思っております。

お庭を考えていらっしゃる方の持つ不安をすこしでも解消できますように。

できるだけはやくにできるようにがんばります!

高橋

ページ上部へ

 昨日から また1段と寒くなってきましたね。

寒がりの私は現場に出るのに、着込んで着込んで、一回り丸くなって出ております。

 本日職人達は T様邸の「玉砂利洗い出し1発仕上げ」の作業をしております。

玉砂利洗い出し1発
これは コンクリート打設後、玉砂利を撒き、撒いた玉砂利を叩き込んで、押さえ込んでいるところです。

白い部分が玉砂利がばら撒かれている部分です。

コンクリートが硬化してくるときれいに仕上がりませんので、4人がかりで一気に抑えています。

コテで砂利を刷り込んでいきますので、クマゼミの大群がけたたましく鳴くようにジョリジョリ ジャリジャリ

音がします。

玉砂利洗い出し1発2
玉砂利洗い出し1発3
玉砂利を押さえ込み、コンクリートの中に沈めていいます。もう9割方沈めたところですね。

沈めてしばらくしてから 洗い出していきます。

 コンクリート仕事は、お天気や気温に左右されます。

朝から雨が降る日、降水確率の高い日は延期の判断が必要です。

夏の暑に日は、硬化が早くて押さえるのが 大慌ても大慌て になったり。

今日のような冬の寒い日には 反対になかなか固まらなくて、朝早くに打設しても、夜遅くまで仕上げにかかることもあります。

また日当たりによっても、固まる速度が違うので、日陰の方だけ、時間がからるということもあります。

 コンクリート仕上げ担当は阿部ですが、コンクリートと相談しながら、いつも仕上げてくれています。

ちなみに阿部さんは写真 黒い服の人です。

いのき

ページ上部へ

 本日はT様邸宅のリフォーム工事に入らせていただきました。

 場内には30年くらい前に植えた ヤマモモがあるのですが、剪定してみると上の方の枝は病気にやられて、枯れてしまっていました。

ヤマモモは 病気が入りやすく 寿命がやや短い部類の木です。

今後ヤマモモが、だんだん弱っていくことが考えられたので、ご相談して、今回撤去させて頂くことになりました。

  ヤマモモ掘り取りやまもも掘り取り2
まず、上部を切断して根元だけにします。 あとは掘って掘って、根を切って。。。

出きるだけ根際で切断するため、金槌をカマシながら、矢野さんがノコを入れています。

 見ていてとても大変な作業でございました。

T様も一緒に「長年植わっていた木の最後を、、、。」というよりも、

「どうやってこの木を人力でのけるんやろ・・・」という視点で観察していただきました。

 木は見た目以上にその根は頑強に土の中で張り巡らされているのですね。

写真 後ろ姿は、日浅(左)と矢野(右)です。

若い2人いてこそ 実現できる仕事です。

本当にご苦労様でした。

 いのき

ページ上部へ

お庭・エクステリアに関することならCプランツにご相談下さい。

▲PAGE TOP

Cプランツ facebook